悩みどころなのがタイヤ交換の費用。その目安って?

車のタイヤ交換の目安ってどれくらいなのか悩みどころですが、よく言われるのが4分山あたりに減ったか、または3年程度経過したらと交換の目安と言われてます。

しかし、タイヤって1本だけ交換ってわけにはいかず、4本同時に交換しなければならないのが痛いところです・・・。

特に軽自動車用のタイヤならいざしらず、最近主流の低扁平率タイヤなどの値段は目が飛び出るくらいに高価だったりします。

まして国産メーカーのパンクを起こさないタイヤなどは1本3〜5万円当たり前で、4本揃えたら20万円近くになってしまいます!
こんな出費を2〜3年毎に繰り返していたら破産してしまいます(笑)
わたしは特に国産には拘りません。

今はアジアンタイヤと言われる国産物と品質、性能がさほど劣らず非常にリーズナブルな価格で購入するのが市場では流行っています。

もちろん、わたしも最初お試しのつもりで3年ほど前に購入してマイカーに履かせていますが、普通に走行する分には国産物と大差なく走ります。

なにしろ値段が高くても1本1万円しませんので4本変えても4万円しないんです!

なんと言ってもここが魅力的ですよね。
これなら躊躇なく2〜3年で交換できますし、なにしろ限界ギリギリまで擦り減ったタイヤで走らなくて済みます。
命が一番ですからね。

タイヤ以外にも維持するためのお金がかかりますし、抑えることが出来るところは抑えたいのがわたしの本音です。